マリン320iのツーリングダイアリー

アクセスカウンタ

zoom RSS 燃料計の警告とディスプレイ表示

<<   作成日時 : 2008/01/20 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

燃料残量が少なくなると警告音が鳴り、ディスプレイに短時間、警告表示が出ます。普段は早めに給油するのですが、今日は横浜へ食事に行ったため給油のタイミングが合わず、さらに警告表示が出たままになりました。
しばらく運転していると何か不便さを感じたのですが、普段何気なく見ている時計の表示がないためだと気がつきました。時計の表示部には、ガソリンスタンドの警告マークが表示されるため、時計と外気温度が表示されないのです。また、走行距離の表示部には、残りの走行可能距離が表示されるので、走行距離とトリップメータも表示されません。
コンビネーションライトスイッチのBCスイッチを押してみると通常の表示に戻りましたが、この場合でも短時間でまた警告表示に戻ります。
取説を見ると、走行可能距離が約50km以下になると表示されたままになります。さらに、「走行可能距離が50km以下になったら、給油してください。そのまま走行し続けると、正常なエンジン作動が確保されず、エンジンが損傷するおそれがあります。」と物騒なことが書かれています。これまでの国産車ではこのような記載は覚えありませんね。
今日は満タンで58.35リットルとこれまでで最大の数量でした。燃料タンク容量は約60リットルとのことなので、もっと早めに給油したほうがよさそうです。
いつものコスモ石油ですが、ハイオク単価は157円/L(スロットの2円値引き含む)でした。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
燃料計の警告とディスプレイ表示 マリン320iのツーリングダイアリー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる